月舘 亜希子 デザイナー

私が担当した思い出に残る結婚指輪

ふたりの人生に寄り添うことができた結婚指輪です。

おふたりが誓いを交わした場は先逝くお父様の病室でした。 実娘である奥様の指輪は「これまでの想い」と「未来への希望」を半々に。旦那様の指輪には硬質で重厚感のあるタンタルで「彼女を守り、支えていく」という決意を込めたデザイン制作を行いました。

指輪交換時の動画を拝見させて頂き、おふたりのエピソード伺って思った事。結婚指輪、指輪交換、形式的なものかもしれませんが、そこに乗せる想いは人それぞれ様々あります。私たちが関わらせて頂く時間は人生の中のほんの僅かかもしれません。だからこそ想像力と共感力をもち、受け取ったお客様の想いを適切に具現化することが大切なんだと学ばせて頂きました。
旦那様が刻印文字に選ばれた「感謝」の言葉には私自身、そしてSORAの想いも乗せています。

インタビュー

  • 質問

    あなたの得意分野は?

  • 質問

    お客様に伝えたいことは?