融合~ふたりはひとつ 重なった時に完成される、新しい形

SORAオリジナルデザイン「融合」。それはふたりの指輪が重なり合い、ぴったりと寄り添った時に新しい形が現れる喜びの瞬間。ひたむきにそれぞれの道を歩んできたふたりだからこそ、この先の未来に美しい風景を描くことができる。そんなコンセプトで作られた指輪です。

1.

レムニスケート LEMNISCATE

r2=2a2cos2θ
この極座標の方程式が表しているのは、緩やかな無限軌道。数学者ヤコブ・ベルヌーイのレムニスケートとも呼ばれる、8の字曲線です。さりげない側面の発色ラインが、フォルムの美しさを引き立てています。完成度の高い曲線美と、インテリジェンスの感じられるストーリーに、お選びいただいたカップルから深く慈しまれているデザインです。

2.

インフィニットトラック INFINITE TRACK

SORAの「融合」シリーズ初代デザインでもあるインフィニットトラック。バネの力を利用してネジの緩みを抑える工業部品、スプリングワッシャーにインスパイアされたものです。「ふたりの関係を揺るぎないものに」という願いを込めて。日常生活のシーンになじみやすいシャープなデザインは、男性女性を問わず好評です。

3.

ギア GEAR

「連動する」という意味のギアは、指輪の面と面が接触するタイプ。ぴったりと触れ合うふたつの指輪が、やすらぎのある幸せを象徴。

4.

クリック CLICK

クリックはそれぞれ真ん中に溝があり、重なる時にカチッとはまるような構造。クリック音を連想させることから、この名が付きました。

5.

シェア SHARE

シェアは、ふたつの指輪が合わさった時にひとつの絵やラインが描き出されるデザイン。中でも、桜吹雪の絵をモチーフにしたものは人気です。「シェア」で、ふたりの思い出の風景をずっと分かち合える指輪に。

6.

ラダー LADDER

「はしご」をモチーフにしたラダーは、親しみのあるユーモラスなイメージの指輪。一歩一歩ゆっくりとはしごの段を上っていくように、これからのおふたりの歴史を刻んでいくアイテムになるでしょう。

7.

ノット KNOT

個性的なデザインを好まれるおふたりにおすすめしたい「ノット」。
指輪の溝と溝をひっかけるように合わせると、まるで立体オブジェのような美しい形状が完成します。

8.

ハグ HUG

ハグはまさに優しく「抱きしめる」ように、男性の指輪の内側に女性の指輪がはまり込む形。おふたりの指輪サイズの差が10号ある場合のみ可能な、レアなデザイン。

9.

スフィア SPHERE

天球儀をイメージした「スフィア」は、完成形をそのまま飾っておきたくなる美しさです。立体的に絡み合うふたつの指輪は、永遠に寄り添うおふたりを象徴しているかのよう。

10.

リンク LINK

「リンク」は、コの字型の溝と溝をパズルのようにはめ込む指輪。ふたつが組み合わさったときに生まれる意外な形に、面白さがあります。

11.

ジョイン JOIN

それぞれの指輪に穴があり、はさみ合うように重なる「ジョイン」。ひとつひとつの指輪としても、ふたつが組み合わさった時にも、繊細なデザインが印象的です

実際のオーダー事例ご紹介

融合デザインのオーダー事例

レムニスケート(LEMNISCATE)のオーダー事例。
磁石でくっつく結婚指輪です。「永遠」をテーマに、フォルムとラインと断面形状がつながるトリプル融合。
詳細はこちら

シェア(SHARE)のオーダー事例。
プロポーズの思い出である、富士山の景色を結婚指輪へ込めた融合デザイン。

シェア(SHARE)のオーダー事例。
「ふたりのDNAが合わさって、1つのDNAになる」というDNAをコンセプトにした融合デザイン。

ハグ(HUG)のオーダー事例。
2つの指輪を合わせると小さなハートが現れます。他にも仕掛けのあるユニークな結婚指輪。

内側に二人の宇宙が広がるシェア(SHARE)デザイン。
詳細は【つながる結婚指輪】特集ページでご紹介しています。その他、融合デザインの最新オーダー事例は、お客様の声で見ることができます。
ぜひチェックしてくださいね。