ウロボロスの「永遠」に込めたのは、

何度生まれ変わっても

お互いを想い続けたいという願い。

ウロボロス

ヘビが自らの尾を噛んで環となった「ウロボロス」は、古代より伝わる象徴です。

始まりも終わりも無い完全なものとして、循環性や完全性・永遠性・無限性、不滅の象徴と言われています。

 

彩菜さまが白蛇が好きだったことで、永遠性を込めてウロボロスを結婚指輪のモチーフに選びました。

鎚目のテクスチャーとライン、具象と抽象のバランスが絶妙なデザイン。


個性的なモチーフでありながら、細身ですっきりしたフォルムで愛らしいヘビに仕上げています。同じくヘビ好きのクリエイターが細部までこだわって完成させました。

ラインのカラーであるタンザナイト(紫)とイエローベリル(黄)に合わせて、ヘビの目はブルーダイヤとイエローダイヤに。


お互いの存在を感じられる、ラインや石の色使いで、ふたりだけの指輪が完成しました。

2ひきのヘビはふたりの象徴。

ふたりを温かくユーモラスな眼差しで見つめます。

 

【素材】
ジルコニウム・ブルーダイヤモンド・イエローダイヤモンド

 

お客様:瑞樹さま・彩菜さま

担当デザイナー:戸川
担当クリエイター:神山
オーダー店舗:SORA表参道店