"One Line One Love"の魅力

指輪はシンプルに、でも誰とも違うふたりらしさを表現したい、そんなふたりにおすすめなのが、ひとつながりの刻印"One Line One Love"(略して"OLOL")です。


デザイナーが、おふたりのお話を聞いて、お互いをイメージしたモチーフやふたりの出会いや未来の姿をモチーフにして、結婚指輪に途切れることのない1つの線で結びます。

オリジナルモチーフのつくり方

お話をうかがいながら、おふたりだけのオリジナルのモチーフを担当デザイナーがデザインします。もちろんデザインのお持ち込みも大歓迎。1つの円環の中にモチーフがバランスよくつながるように調整します。

シンプルな丸みのあるフォルムに、外側と内側の刻印をつなげたり、外側はお好きなデザインにして内側の刻印をつなげたり。刻印のモチーフも2つから4つまでとお好みで。

"One Line One Love"のオーダー事例

【事例1】ふたりをつなぐ山登り

学生時代の登山サークルで出会ったおふたりは、登山を重ねて親しくなりました。
外側のひとつなぎの刻印は、特別な思い出のある「燕岳(つばくろだけ)」の景色をもとに生まれました。

久しぶりに登った北アルプスの燕岳で、ふたりは雷鳥に出会いました。
燕岳の両端から繋がる雷鳥の親子が、燕岳の反対側で向かい合うデザインです。
同じ頂上を目指して、これからも山登りを楽しむふたりの未来を表現しています。

内側にはお互いの名前と共通の趣味であるバイク、3つのモチーフがつながって刻まれています。

【事例2】3匹の猫を指輪に

青のグラデーションで描く指輪の外側の刻印は、おふたりの家族である3匹の猫が刻まれています。

何かを追っかけているようなしぐさや伸びをしている様子、ゆったりと座って眺めている様子、動きや尻尾の形に特徴をつけ、3匹それぞれの個性を表現しています。
 

内側には初めてふたりで飼ったハムスターとふたりのお名前が。
シンプルな中に一筋のブルーが煌めき、ふたりの過去と現在と未来を愛らしい動物たちで表現しています。

太陽と向日葵

【事例3】太陽と向日葵、波と雲

太陽とそれに向かって伸びていく向日葵。
おふたりを象徴するモチーフとして選びました。

海と雲

「太陽」「向日葵」に合わせて、夏をイメージした「海」と「雲」の4つをひとつなぎにしています。

月夜に照らされた東京の街並みを走る車が映し出すのは、ご自宅まで愛車で送りとどけていたふたりのこれまでのストーリーを込めています。

【事例4】結婚へと続く3つのデート

結婚に至るまでの3つのデートをモチーフにしたおふたり。
最初のデートの散歩、2度目の遊園地、3度目のみなとみらいをそれぞれ、スニーカー、メリーゴーランド、観覧車に。

外側にはデザインは入れずにシンプルにして、内側にふたりの世界が広がります。

【事例5】紅葉と雪の結晶

おふたりのお名前と一緒につなぐモチーフは、紅葉(楓)と雪の結晶。
ご入籍日の誕生花である紅葉の隣に、初めての旅行先であり年1回訪れる北海道をイメージした雪の結晶を合わせて。
赤紫色とブルーの色にあわせて、モチーフが配置されています。

外側のデザインは、側面のオーロラカラーが美しいドーム。
 

【事例6】キャンプツーリング

キャンプツーリングが大好きなおふたり。
ふたりのお名前とバイクとテントの4つをひとつなぎにしました。
それぞれの特徴を出したバイクや山道のような曲線、テントの周りに木々に、楽しさが溢れていますね。
 

黄緑から緑のグラデーションもピッタリ。
外側は一筋のラインを入れたオリジナルデザインに。

途切れることのない、ひとつなぎの刻印。
ふたりだけのストーリーを込めたオリジナルの刻印を刻めば、結婚指輪がぐっと愛着がわくものになりますよ。


ふたりだけのストーリーを込めたオリジナルモチーフを、SORAのデザイナーと一緒に考えてみませんか?