LEMNISCATE
レムニスケート

極方程式を表す曲線レムニスケート。

フォルムと発色ラインが描く無限軌道は、2つの指輪を合わせて完成される。

デザインストーリー

SORAの象徴「レムニスケート」

レムニスケートとは、極座標の方程式を表す曲線の1つ。

「連珠形(れんじゅけい)」や数学者ヤコブ・ベルヌーイのレムニスケートとも呼ばれる、8の字曲線。

指輪側面の発色ラインが、幅を変化させながら2つの指輪の表と裏を巡って、3次元的に無限軌道を描く。

その宇宙の広がりを感じさせるような形。

SORAのアイコンは、無限に広がる「創造」の可能性を示す。