• イベント

この記事は、シリーズ「ゼロからスタート!"手づくり気球で宇宙撮影"」の6弾目となる気球サイズとヘリウムの選びかたについて書かかれた記事です。

気球のサイズはどうやってきめるの?

打ち上げる総重量で気球のサイズが決まります。気球と機体、そしてパラシュートを合せた総重量が2~2.5キロくらいの場合に使用する気球のサイズは破裂直径9メートル、重量1.2キロくらいの気球です。なんと半分が気球の自重ということになります。

もしも機体の重さが2キロ、3キロと増える場合はヘリウムを増やして浮力を増します。しかし、ヘリウムが増えれば膨張する体積も大きくなるので、気球サイズがそのままだと目標より低い高度で気球は破裂してしまうのです。ヘリウムを増やすなら気球サイズも大きくしましょう。

注意点

気球が大きくなると気球の自重も増えますが、必要なヘリウムは機体の重量増加に対して比例というより指数関数的にどんどん増えてしまいます。放球時に扱うヘリウムが増えることはぜひ避けたいところ。費用もかさみ、ガスの充填時間も長くなり、運ぶボンベの本数も増えるのでいいことはありません。

やはりここでも機体を軽量化することがかなり重要です。軽ければ軽いほどヘリウムの量は少なくて、取り回しが楽なので余裕が生まれ、些末なミスが起こる確率も減ります。

1. 機体重量が1キロくらいなら:[破裂直径9メートル、重量1.2キロの気球]
2. 日本メーカー:気象観測用風船「コスモプレン」
3. 通販サイト(海外品):amazon

ヘリウムの購入方法は?

気球のサイズは重さで分類され、それぞれ破裂直径が異なります。1.2キロの気球に必要なヘリウムの量は約3000L。このときの上昇速度は秒速5m(時速18Km)くらいになります。

浮力とは?

ヘリウムの浮力は、空気とヘリウムの比重の差によるものです。1キロを浮かせるのに約1000Lのヘリウムが必要となり、浮力と重力が釣り合う量です。そこからさらに500L程度入れると、秒速5m(時速18Km)で上昇します。

ヘリウムの価格

ヘリウムの価格は3000Lで2万円くらい。購入するのは中身のガスでボンベは返却します。この3000Lボンベは重さが25kgもあるので扱いがとても大変です。ヘリウムが空になってもボンベは変わらず重いです。

ボンベにはイベント風船用の小さなノズルが付いています。しかし気球は口が巨大なのでこれらは必要なく、直接ボンベの口に気球をつけてバルブを開ければOK。ただ、ボンベと気球の距離が近すぎてぶつかるのを避けたいなら、園芸用ホースなどをボンベの口に固定すると、立って作業ができて取り回しが良いでしょう。

・ 通販サイト:風船専門ドットコム

ゼロからスタート!"手づくり気球で宇宙撮影"シリーズ記事一覧

【結婚指輪が宇宙に行った!】
スペースバルーンで素人がいちから宇宙撮影に挑戦


◆手づくり気球で宇宙撮影ってなに?
ゼロからスタート!手づくり気球で宇宙撮影

◆関係する免許、法律、保険について知ろう!
ゼロからスタート!"手づくり気球で宇宙撮影"(1) ―飛行許可申請ってなに?―
・ゼロからスタート!"手づくり気球で宇宙撮影"(2) ―電波法と追跡システム―
ゼロからスタート!"手づくり気球で宇宙撮影"(3) ―もしものための保険―

◆機体づくりのポイント!
ゼロからスタート!"手づくり気球で宇宙撮影"(4) ―機体のつくりかた―
ゼロからスタート!"手づくり気球で宇宙撮影"(5) ―気球サイズとヘリウムの選びかた―

◆本番!打ち上げ条件と進路予想
・ゼロからスタート!"手づくり気球で宇宙撮影"(6) ―気象予報から探る実施場所と時期―
・ゼロからスタート!"手づくり気球で宇宙撮影"(7) ―機体回収―